姿勢が良くなるとどうなるの?

こんにちは、ロルフコンセプトウィメンズの星です。

私は日頃お客様に「姿勢が改善する」ことを目標に施術を提供させていただいています。

しかし実際には
「姿勢が悪いとどうなるの?」
「姿勢が良くなるとどうなるの?」
「悪い姿勢ってなに?」

と感じる方が多いと思います。

ということで…今日は姿勢が良くなることのメリットをお伝えしたいと思います!

姿勢がきになる…
身体を良くしたい…
これから運動を始めたい…

そんな方は是非読んでみてくださいね!!

そもそも悪い姿勢ってなに?

「姿勢を良くしたい!」って思うけど…ちょっと待て!私ってそもそも姿勢わるいの?
そんな風に思った事ある人、いるのではないでしょうか?
自分の姿勢って分かりにくいものですよね。

私たちセラピストが姿勢をみる時によくつかう指標があるので少し簡単にご紹介しますね!

頭から踵までのラインをみる!

私たちセラピストが姿勢をみる時にまず確認するところがここです!

横向きに立ってもらって、
耳ー肩ー股関節ー膝ーくるぶし
これが一直線上にあるかどうかを確認します。

横から見た姿勢

比較的一直線上にある方が良い姿勢と言えます。

しかし多くの方はこの、耳ー肩ー股関節ー膝ーくるぶしが一直線上にあるということはなく、
例えば猫背の人は、肩の位置が股関節よりも前方に位置している場合が多いです。

左右差をみる!

他には身体の左右での位置の違いをみることがあります。

例えば
肩の高さが左右で違いがあるか?
手の長さや手の位置に左右で違いはあるか?
膝のお皿の向きは左右で違いがあるか?

前からみた姿勢

そのようなことを見て、姿勢を観察しています。

これも左右可能な限り均等の方が良い姿勢といえます。

もっと上に伸びれるか?

これは少し難しくなってしまうかと思いますが…
姿勢を観察した時に、もっと姿勢が上に伸びる余地があるかどうかをみています。

基本的には良い姿勢とは上に伸びれている姿勢になります。

つまりまだ上に伸びることのできる姿勢は、良い姿勢と判断しません。

私たちセラピストは、もっと上に伸びることが出来るように整体やエクササイズを行ってアプローチをしています。

良い姿勢のメリット

ここまで「良い姿勢とは」というところをお話してきました。
ここからは「では姿勢が良くなるとどうなるの?」ということをお話していきます。

肩こりや腰痛が起きにくい

良い姿勢というのは、いわゆる「インナーマッスル」がしっかりと働いている状態になります。

インナーマッスルに対して、アウターマッスルという言葉があります。

簡単にどういう筋肉の事をいうのか説明をすると…

インナーマッスルとは
より深い所にある腹筋群、腰筋、股関節周りの筋肉。
とにかく深い所にある筋肉!

アウターマッスルとは
浅い所にある筋肉。動きを作るのが得意。私たちが腕や足を曲げたり伸ばしたりするときに使う筋肉。

ざっというとこんな感じです。

それで、私たちのところに来るクライアントさんの多くは「肩こり」や「腰痛」を持っていますが、その肩こりや腰痛の原因となる筋肉がアウターマッスルといわれています。

アウターマッスルが過度に働いた時に起きるのが「肩こり」や「腰痛」です。

本来はインナーマッスルをしっかりと働かせた状態で、アウターマッスルを使い動作を行うべきなのですが…
インナーマッスルがしっかりと働かずにアウターマッスルばかり使ってしまうと、痛みが生じてしまいます。

つまり…
インナーマッスルをしっかり働かせた状態の良い姿勢を手に入れることは、アウターマッスルの過度な使用を防ぎ、肩こりや腰痛の予防につながるということになります。

疲れにくい!

上にもインナーマッスルとアウターマッスルの特徴を紹介させていただきましたが、他にも特徴があります。

インナーマッスルはパワーはそれほど強くない筋肉なのですが、持久力はあります

それに対してアウターマッスルは強いパワーを発揮することが出来るのですが、持久力は乏しいです。

要するにアウターマッスルばかり使いすぎてしまう、不良姿勢は疲れやすくなります。

インナーマッスルをしっかりと働かせた良い姿勢を手に入れることで、疲れにくい身体を手に入れることが出来ます

特に育児は体力勝負です。パワーももちろん必要ですが、疲れにくい身体を手に入れることが育児を行う女性にとって必要かと思います。

ボディーラインがきれいに!

インナーマッスルが働くと姿勢が良くなります。姿勢が良くなるということは、姿勢が上に伸びるということです。

よく私のもとに来るクライアントさんの多くは「ぽっこりお腹」「お腹周りのたるみ」を気にしています。そしてそのクライアントさんの多くは姿勢が上に伸びない、不良姿勢をしています。

同じ体であっても、姿勢を良くするとお腹が凹む、スッキリして見える!
これはもう既に皆さん分かっていることだと思います。

良い姿勢と不良姿勢

筋肉や筋膜の観点から考えてもそれは確かな事で、縦方向に伸びが起こると体は細くなります。

インナーマッスルを働かせ、姿勢の伸びを作ることで見かけ上の「ポッコリお腹」や「お腹のたるみ」が解消され、さらにそれを継続して行うことで、定着が起こり、軟部組織であったり脂肪によって生じていたたるみも解消の方向に向かっていきます。

まとめ

いかがでしたか?

姿勢を良くすることは、

  • 肩こりや腰痛等の痛みのトラブル予防
  • 仕事や育児で疲れにくい身体をつくる
  • 美しいボディラインをつくる

などのメリットがあります。

マッサージやダイエットもいいのですが、まずご自身の姿勢と向き合って
トラブルの少ない、強く、美しい体を目指しましょう!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です