産後の体型戻しにはマシンピラティスがオススメ!

産後の体型戻しにはマシンピラティスがオススメ!

産後の体型戻しは多くのママが望むことではありますが、妊娠・出産で体力が落ちた中で運動をするのはとても困難に感じる方が多いと思います。

そんな方にオススメなのがマシンピラティスです!

今回はマシンピラティスがどうして産後の体型戻しにオススメなのか?紹介したいと思います。

なぜ?産後の体型戻しにマシンピラティス?

では早速、なぜ産後の体型戻しにマシンピラティスがオススメなのか?お話していきます。

皆様も感じたことがあると思いますが、妊娠・出産を経て女性の体は大きく変化をします。

  • 疲れやすくなった
  • 体力がなくなった
  • 痩せにくくなった
  • すぐに腰や肩など体が痛くなる

そんな風に感じるようになったのではないか?と思います。

これらの体の不調や違和感を感じるようなったのは、産後に明らかな身体的な変化があるからです。

特に

  • 骨盤底筋(骨盤の底にある筋肉)
  • 腹筋群

は妊娠~産後に大きくダメージを受けやすい部位になります。

妊娠・出産で骨盤底筋や腹筋群がダメージを受け、機能的に不良な状態で、いざ産後の体型戻しのために妊娠前に行っていたようなトレーニングをしても効果が低く、逆に体のトラブルを招いてしまうこともあります。

ではどんなトレーニングをすればよいのか?

そこで今回は産後の体型戻しにオススメなトレーニングとして、マシンピラティスを紹介したいと思います。

もちろんマシンを必要としない方法でのトレーニングもありますが、マシンを使わないと実現しないようなトレーニングも沢山あります。

産後の体とマシンピラティスの相性

ではここからは、産後に良く起こる機能障害(骨盤底トラブル、腹筋群の機能低下)がある状態の体とマシンピラティスがなぜ相性が良いのかお話していきます。

産後の骨盤底へのダメージ

骨盤底筋とは骨盤の底辺にある筋肉で、

  • 排尿や排便をコントロール
  • 骨盤内臓器(膀胱・子宮・直腸)が落ちてこない様に支持
  • インナーマッスルの一部

このような役割をしています。

骨盤底筋群

妊娠中は子宮で胎児が大きくなっていく為、大きくなった胎児(羊水、胎盤も含め)が骨盤底筋に上に乗っかてくる状態になります。そのため骨盤底筋には大きな負担がかかります。

また出産時も狭い子宮口、膣口から赤ちゃんが出てきます。
子宮口が開ききっていない状態、柔軟性の低い膣の状態で赤ちゃんが出てくると、会陰裂傷が起きたり、会陰切開をすることもあります。
その場合は骨盤底筋に直接傷が出来、機能障害が起こりやすくなります。

このように産後の女性の多くは妊娠・出産で骨盤底筋にダメージを受けている状態にあります。

産後の腹筋群の機能低下

妊娠中はお腹の赤ちゃんが大きくなるにつれて、ママのお腹も大きくなっていきます。

ママのお腹が大きくなると、その成長に皮膚や筋膜、筋肉などの組織がついていけなくなり、避けてしまう症状が起きます。

皆さんがご存じなものに「妊娠線」があると思いますが、これもママのお腹が大きくなっていくのに皮膚がついていけずに起こる現象です。

このような現象がお腹の筋肉・筋膜で起きてしまう状態として「腹直筋離開」があります。

腹直筋離開は、ママのお腹が大きくなることで、腹直筋の中央部分の白線と呼ばれる組織が引き伸ばされてしまう現象です。

この腹直筋離開がある状態だと、腹筋群が上手く機能しない状態となります

  • 腰痛や肩こりがよくならない
  • 赤ちゃんの抱っこが辛い
  • ぽっこりお腹が改善されない

などの状態が、長期的に続く可能性があります。

産後の運動に優しいマシンピラティス

ここまで、産後は骨盤底筋のダメージを受けている女性が多いこと!と腹直筋離開という状態が起きやすいことをお話してきました。

産後の女性の多くは、妊娠前の体型に早く戻したいと思い自らで運動を行う方も多いと思います。

特に気になるお腹周りに対しては、このような腹筋運動をする方が多いのではないでしょうか?

クランチ

しかしこのような腹筋運動は、ダメージを受けている骨盤底筋や腹筋群に対して悪影響であり、余計に状態を悪くしてしまうことが大いにあります。

そのため産後は本当に優しい腹筋運動から開始をします。

ではどんな腹筋運動をすれば良いのでしょうか?

そんな時に役に立つのがピラティスのマシンになります!

ピラティスで使用されるマシンの特徴は、負荷量の調整できるスプリング(バネ)でトレーニングできる事です。

リフォーマースプリング

上写真のスプリングは黄・青・赤で強さが異なります。お一人お一人の体力、またはトレーニング内容によってスプリングを調整して負荷量を変えることができます

スプリング(バネ)を使ったトレーニングと聞くと、負荷量が強い難しいトレーニングなのでは?と思うかもしれません。

しかしマシンピラティスでは脚や手の重みを軽減させるのに、スプリングを用いることが多いため、マット上で行うものよりも優しいトレーニングになります。

例えば、良く腹筋運動で行う「レッグレイズ」という運動があります。

レッグレイズはその姿勢や動きだけでみると、腹直筋離開や骨盤底筋にダメージがある場合は有効かと思えます。

しかし…とにかく難しいし、腹筋の筋力がかなり必要です!

そんな時にピラティスのマシンはその弱い腹筋の力を補ってくれます。

上の写真のようにスプリングを使って脚の重みを補助することが出来るので、より簡単に「レッグレイズ」を行うことが出来ます。

産後は骨盤底筋や腹筋群がダメージを受けています。そのためかなり優しいエクササイズから開始する必要があります。

しかし床の上で行えるエクササイズには限界があり、飽きてしまったり、運動へのモチベーションが低下してしまうこともあると思います。

マシンピラティスを行うことで、エクササイズのバリエーションが増え、さらにダイナミックな動きも可能となりますので、運動が楽しく感じられるというメリットもあります。

産後の体型戻しにはマシンピラティスがオススメ!│まとめ

産後の体型戻しにはマシンピラティスがオススメ!について紹介しました。

  • 産後は骨盤底筋や腹筋群がダメージを受けている
  • 骨盤底筋や腹筋群のダメージを受けた状態では適切なトレーニングが必要
  • 産後の強い負荷のトレーニングは骨盤底筋や腹筋群に悪影響
  • マシンピラティスは負荷量を調整できるトレーニング
  • マシンピラティスはマットでは難しいトレーニングが可能になる
  • マシンピラティスはエクササイズのバリエーションが多く、運動を楽しんで行える
  • マシンピラティスは運動へのモチベーションを保ちやすい

産後の体型戻しにはマシンピラティスがオススメ!についてまとめてみました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。