産後の尿漏れ

考える女性

産後に尿漏れが起こる方は少なくありません。
特に出産直後は尿意を感じてから我慢できずに“ダダダー”っと漏れてしまうこともあり不安に感じる方もいらっしゃいます。
出産直後の尿漏れは、ある意味仕方のない面もあり、あまり気にすることはないかと思われます。
しかし産後1か月以降も尿漏れが続くようだと少しエクササイズや生活に注意をする必要があります。

今回は産後1か月以降も続く尿漏れの原因についてお話していきます。
産後の尿漏れでお悩みの方は是非読み進めていただければと思います。

そもそも尿漏れって?

尿漏れには、その症状によってタイプに分かれます。

切迫性尿失禁
尿意の切迫感を感じやすく、それと共に尿漏れをしてしまいます。
膀胱の知覚が亢進し、過剰に尿意を感じてしまったり
排尿を起こす筋肉が過剰に収縮してしまうような、
膀胱自体の機能的な異常がある場合に起こります。

腹圧性尿失禁
ジャンプや咳、クシャミなど腹圧が上昇した時に起こる尿漏れのことを言います。
尿道や膣の支持が悪くなったり、骨盤底筋の機能が悪くなると起こります。
女性に多く、妊娠や出産後に起こりやすいタイプです。

機能性尿失禁
足腰が弱くなったり、認知機能の低下で、尿意のあった際にトイレに間に合わず起こる尿漏れの事を言います。

溢流性尿失禁
過剰に尿を膀胱に貯めすぎてしまい、尿が漏れ出てしまうようなタイプの尿漏れです。

産後に起こりやすい尿漏れのタイプは「腹圧性尿失禁」です。

おしっこを我慢するシステムは?

尿意を感じても、通常は我慢をしておくことが出来ます。
しかし尿意を我慢しておくために必要なシステムが崩れてしまうと尿漏れが起きてしまいます。

排尿を我慢しておくために重要なシステムは

  • 骨盤底筋の機能
  • 尿道や膣の支持機能

骨盤底筋について知りたい方は
骨盤底筋とは?

出産は骨盤底筋や膣、尿道に負担がかかります。
そのため産後は尿漏れが起こりやすくなります。

産後の尿漏れの主な原因は?

産後の尿漏れは様々な原因で起こりますが、主に以下のことが言われています。
チェックしてみてくださいね!

  1. 会陰裂傷がありましたか?
  2. 分娩時に何らかの機械(鉗子や吸引)を使いましたか?
  3. 分娩時に胎児が膣あたりにいる時間が長かったですか?

上のチェックポイントが一つでも当てはまると尿漏れが起こりやすいです。

これらのことは骨盤底筋の機能低下につながり、尿道や膣の支持も低下させます。
結果、尿漏れを引き起こします。

産後の尿漏れに対するアプローチ

以上のように「骨盤底筋」や「尿道・膣」に何らかの機能低下があると尿漏れにつながります。

産後の尿漏れに対しては、骨盤底筋エクササイズやエクササイズを行いやすいように体を整える整体を行っていきます。

ロルフコンセプトウィメンズでも整体やエクササイズを通して、産後の尿漏れにアプローチをさせていただいています。
産後に長引く尿漏れでお悩みの方は気軽にご連絡ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です