マタニティにやっておきたいストレッチ3選!

こんにちは!
ロルフコンセプトウィメンズの星です。

ロルフコンセプトではマタニティのお客様もいらっしゃっています。
マタニティのお客様の多くは腰痛や恥骨痛、股関節痛など痛みを訴えて来店してくださるお客様が多いです。

何かしらのトラブルを抱えて来店するお客様は、ほとんどの方が身体に硬さがあります。
マタニティの早期にストレッチやエクササイズを行えていたら少し違ったのかな?と思うような方が多いです。

そこで!今日はマタニティの時にやっておいた方が良い、ストレッチを3つご紹介したいと思います。

今、マタニティの方や妊娠を希望している方には是非読んでいただきたい記事です。
またマタニティで現在腰痛などのトラブルに悩んでいる方にも行っていただけるストレッチになっています。
参考にしていただければ幸いです。

1.胸周りのストレッチ

妊娠中に関わらず、姿勢が悪いと胸周りが硬くなりがちです。特に日頃から猫背の方は、意識して胸周りを広げる様なストレッチをすることをお勧めします。
妊娠中は胸が広がることでお腹のスペースも広がり、赤ちゃんが成長する空間を作ってあげることができます。
是非今から紹介する『胸周りのストレッチ』をやってみてくださいね!

胸周りのストレッチ
  1. あぐら、もしくは椅子に腰かけ、手をお尻の真横もしくは後ろの床につく。この時、手がつかない場合はタオルやクッションや本などで高さを調整する。
  2. 胸を開いていきます。胸を斜め上に向けるように(ここでは☆に向かって)広げていきます。
  3. 呼吸と合わせて行いましょう!
    鼻から息を吸って胸を開く

    口から息を吐いて休む、力を抜く

    5~10回、繰り返し行いましょう!

2.わき腹のストレッチ

妊娠中に最も硬くなりやすいわき腹!妊娠中はどうしてもお腹を守ろうとして、お腹周りが動きにくくなります。
赤ちゃんが育っていくためのスペースを確保するために、わき腹の柔軟性を維持しておくことは大切です。
また産後のからだの戻りの為にも、わき腹の柔軟性の維持は重要です。
是非、妊娠中の早期からストレッチを行ってみてくださいね!

わき腹のストレッチ
  • あぐらもしくは椅子に座って、タオル(ここではヨガストラップ)を上の写真のように両手で持ってバンザイをします。
  • そこから左右に体を倒して、わき腹のストレッチをします。
    ※倒しすぎに注意!上に伸びあがる意識を持って行いましょう!
  • ストレッチをしながら3呼吸。左右3呼吸×2セット程度行いましょう!

3.腰・お尻周りのストレッチ

妊娠中はお腹が大きくなるにつれて、腰にも負担がかかり硬くなっていきます。
また出産に重要になってくる骨盤の動きも腰の筋肉やお尻の筋肉が硬くなると、阻害されてしまいます。
妊娠中のトラブル防止、出産に向けての体つくりを目的に、是非このストレッチをやってみてくださいね!

腰・お尻周りのストレッチ
  • 四つ這いの姿勢をとります。
  • まず体を丸くするように骨盤を後ろに倒してきます。
  • 今度は反対の動きをします。全体的に体が反る様なイメージで、骨盤を前に倒していきます。
    この時お尻を後ろに突き出すことが大切です!
  • ➁と➂をゆっくりと繰り返しましょう!1日、➁⇔➂を5セットくらい行えるといいです。

いかがでしたか?
妊娠中のストレッチやエクササイズは沢山ありますが、上の3つはやっておくと、妊娠中のトラブル防止になりますし、出産にも役に立つと思います。
また産後の体の戻りもだいぶ楽になると思います。
是非参考にしていただければと思います。

妊娠中の個別のエクササイズ指導や整体もやってます。

マタニティ整体とマタニティコース

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です